2020/05/26 18:00

今年はいつモロッコに買付に行けるのか全く目途が立たない中、現地の友人からの情報だとモロッコは6月10日までロックダウンが延長。6月10日以降も解除されるかは分からないのだとか。

スペインは今日7月1日から海外からの旅行者の受け入れ開始と入国者の2週間の隔離措置解除するとの報道が出ました。ヨーロッパからすぐそばのモロッコは、医療体制が脆弱なことと、アフリカ大陸への蔓延を防ぐ為、感染者数に対してかなり厳しい措置をとっている模様。

素敵アイテム届きました!


モロッコ・ヴィンテージハイク/ランチマット#ベージュ¥2640

◇モロッコ・ヴィンテージハイク/ランチマット#ピンク¥2640

というわけで次回の買付もいつになるのか分からない中ですが、モロッコから素敵な商品が到着しました!昨年モロッコで買い付けた商品で、到着を今か今かと待っていたヴィンテージファブリック、HYKE(ハイク)のリメイクのキッチン雑貨です。

HYKE(ハイク)ってどんなもの??



HYKE(ハイク)は、モロッコのアトラス(山岳地域)に住むベルベル人の女性によって手織りされた大判の布です。ハイクは元々ベルベルの女性がコート代わりに羽織ったり、赤ちゃんを包んだりして使われていた暮らしの道具。現在ではほぼ織られていないテキスタイルの為、コンディションの良好なヴィンテージが市場に出回ることはとても珍しくなり、コンディションが良く色柄が綺麗なものは大変貴重です。ベルベルの女性が自分が使う為に織るのですが、その時の気分や好みで織っているのでデザインや柄は2つとして同じものが存在しません。これぞ手仕事!1点ものの魅力満載なテキスタイルなのです。

特別に作ったリメイクアイテム


元々ハイクの生地はとっても素敵だし、いつか買付たいとは思っていたものの、日本の暮らしに取り入れるにはややハードルが高いかな~と思っていたのと、やはりデザインが良くコンディションが良いものは希少な為、運よく出会えても高額で、なかなか暮らしの中に気軽に取り入れられるアイテムとしては難しかった為ずっと仕入れられなかったんです。

それが、昨年のモロッコでデザイナーと意気投合し、ハイクを使ったリメイクのキッチン雑貨を作ることが叶いました!コンディションが良く色柄が綺麗なハイクをピックアップしてカットしてテーブルマットとコースターを作りました。大判の1枚ハイクだとかなり高額になってしまうのですが、小さくカットしてリメイクしたことで、ヴィンテージの風合いや色柄の雰囲気を楽しみつつ、お値段もお手頃!そして普段使いでたくさん活躍する暮らしの道具として生まれ変わらせました!

可愛いポンポン付き★


カットして四隅を縫っただけでも生地の存在感&魅力満点なのですが、カラーのポンポンを付けてアクセントを付けました。ポンポンも1点1点色が違う為、並べて使うととっても可愛いのです。

生地自体がとっても貴重なので少量入荷&全て1点ものです。次回同じ柄は入らないと思うので一期一会であった時のインスピレーションでお選びください!
モロッコ・ラグ、ベニワレンとかボシャルウィットとかアラジルとかお好きな方、ラグは要らないけど古いテキスタイルが好きな方などの是非ご覧になってみてください~

◇モロッコ・ヴィンテージハイク商品一覧◇