重要なお知らせエリアを非表示

2021/10/07 21:00

モヘアって聞いたことあるけど実際どんな素材なのでしょう?

<モヘアとは?>
モヘアとは、トルコのアンゴラ(アンカラ)地方を原産とする「アンゴラ山羊」から採取した毛のこと。素材の特徴は、絹のようなつややかな光沢と柔らかな手触り、長い毛足で、スーツやニットなどに多用されています。

<モヘアとウールの違いとは?>
モヘアは同じ動物の毛であるウールと混同されがちですが、アンゴラ山羊から採取されるモヘアに対し、ウールは羊の毛全般を意味します。どちらもニットに多用される繊維ですが、ウールにはクリンプと呼ばれる縮れた繊維の固まりがあり、暖かい空気を含んで保温力を高める効果があります。

一方、モヘアにはクリンプはありませんが、起毛した繊維が含む空気の量はウールよりも多く、さらに高い保温力を発揮します。
また、ウールは繊維の表面がうろこ状になっていますが、モヘアは角のないなめらかな状態になっているため、肌触りが良いところが特徴です。さらに、モヘアはウールよりも吸湿スピードが高いため、秋冬ニットだけでなく、春夏ニットにも用いられます。

<モヘアの良いところ>
①あったかくて蒸れにくい
毛足が長く、起毛したモヘアは、温かい空気をたっぷり含んで保温する性質を持っています。さらに吸湿性も高いことから、汗などで蒸れにくく、一日中さらりと快適に着こなせるところが特徴です。

②上品な光沢がある
繊維の表面がなめらかで、かつ縮れもないモヘアのニットは、つややかで上品な印象をもたらします。ローゲージニットのようなざっくりとした編み目でも、モヘアそのものの光沢によって綺麗で洗練されたニットに仕上がります。

③肌触りが良く、チクチクしない
ウールのように、表面がうろこ状になっている繊維は肌に触れるとチクチクします。その点、繊維の表面が平滑なモヘアは、肌触りが良く、素肌に直接触れてもチクチクしません。

④ 起毛感のあるあたたかな見た目
モヘアは毛足が長いため、ふんわりとした温かみのある見た目。洗練された柔らかい表情になるので、秋冬のモダンなインテリア作りにぴったりです。